ドラマ「星降る夜に」のあらすじは?今後の展開はどうなる?

エンタメ記事

ドラマ「星降る夜に」(毎週火曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)が2023年1月クールより

放送されることが大きな話題ですね。

このドラマはオリジナルラブストーリーだということで

どのようなドラマの展開になっていくのか気になりますよね。

今回はそんなドラマ「星降る夜に」のあらすじと

ドラマの中で描かれる展開を見ていきましょう!!

ドラマ「星降る夜に」のあらすじを紹介!!

ドラマ「星降る夜に」のあらすじを紹介します。

吉高さんの演じる鈴は、勉強家で優秀な医師だが、誰にも弱音を吐けない孤独を抱えている。一方、一星は、生まれつき聴覚がなく、手話や筆談、スマートフォンやジェスチャーで会話をする。両親を学生時代に亡くし、遺品を片付ける中で遺品整理士と出会う。その仕事に感銘を受け、自らも遺品整理士となった。

 2人は、鈴が息抜きのため訪れたソロキャンプ先で出会う。音のない世界にいながらも、人生を楽しんでいる一星に対し、窮屈に生きてきた鈴の心はどんどん明るくなっていき……というストーリーが描かれる。

ドラマ「星降る夜に」特集 あらすじ・キャスト・関連記事 – MANTANWEB(まんたんウェブ) (mantan-web.jp)より引用

主人公の産婦人科医・雪宮鈴は仕事はできるが心には大きな孤独を

抱えていることがわかります。

そんな孤独な鈴が遺産整理師の一星と出会うことで大きく変わっていく

という展開ですね。

このあらすじからどのような展開が描かれるのかを予想していきたいと思います。

ドラマ「星降る夜に」のあらすじから今後の展開を予想!!

このあらすじから今後のドラマの展開を予想していきたいと思います。

第1話

仕事では優秀な産婦人科医だが、どこか孤独を抱えた雪宮鈴は

息抜きのためにソロキャンプに出かける。

一人で酒を飲み、酔いつぶれているところへ自分に向かってカメラのシャッター

を連続で切る一星がいきなり鈴にキスをする

そんなドラマチックな出来事を経た翌朝、

微妙に記憶のない頭を抱えて目覚めた鈴は、一星が何か手でサインを伝えたまま、

去ってゆく背中を見送ることになる。夢かうつつか、ふと現実に戻った鈴は、

やがて一星のサインの意味に気付く。

というのがドラマ1話の展開ではないかと考えます。

そしてドラマの2話では偶然再会するところが描かれると考えられます。

第2話

一星のサインの意味「おまえのゲロは全部片付けた、バカ女」と、

手話で悪態をついていたことに気づいた鈴はその日の一星のことが

忘れられず悶々とした日々を過ごす。

そんな中、偶然再開する二人。

一星が音のない世界で生きているにもかかわらず楽しそうに生きている姿に

どんどん惹かれていく。

第2話では再開した二人がどんどん距離を縮めていく様子が描かれそうだと

予想します。

第3話~第5話

ここでは二人がついに付き合って、関係が発展していく様子が

描かれると予想しています。

そして第5話の終盤あたりで鈴の元婚約者が出てくるというのが予想です。

第6話~第7話

公式の鈴のキャラクター紹介のところで

「ともに戦った仲間や、昔抱いていたはずの熱意や夢は失ってしまっていた。」

と書かれていることから元婚約者が共に戦ってきた仲間と鈴の間に

亀裂を入れたのではないかと考えます。

そして鈴がなぜ孤独になってしまったのかと

一星も昔、暗い過去があることが明らかになっていくのではないか

と考えます。

第8話~第9話

付き合っていることと

ゆくゆくは結婚するつもりであることを鈴は両親に報告します。

しかし、両親が反対することで両親との仲に亀裂が入ります。

しかし、鈴は自分の人生はここで諦めてはいけないと考え、

両親を説得することに成功します。

第10話

二人がういに結ばれてその後どうなっていくのかが

描かれると考えられます。

一星は世界旅行するのが趣味というのがキャラクター紹介の中でありますので

二人でいろんな国を転々としながら、暮らしているのではないでしょうか?

まとめ

ドラマ「星降る夜に」のあらすじとその後の展開について

徹底考察してみました。

ドラマが始まるのが楽しみですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました